翻訳品質保証 (QA)


質の低い翻訳は、製品の評判に直ちに影響を与えたり、ブランドイメージを損なう可能性があります。品質保証はすべてのプロジェクトで重要な要素であり、通常、すべての翻訳ツールまたは翻訳管理システムとの統合モジュールとして提供されます。

品質保証の目的は、優れた翻訳を提供できるようにすることです。memoQでは、品質保証は潜在的な間違いをチェックする複数のツールで構成されています。自動品質保証は翻訳中に翻訳者を支援するためのものですが、言語的品質保証は翻訳校正者をサポートし、構造化されたフィードバックを翻訳者に提供するのを容易にします。

自動品質保証

1- 警告

警告メッセージは、ソースセグメントとターゲットセグメントで句読点が異なっている、数字が不足している、インラインタグが欠落したり間違った場所に挿入されている、または正しい用語の翻訳が使用されていない場合に出されます。また、文頭の文字を大文字にし忘れたり、文末に余計なスペースがある場合かもしれません。不統一な翻訳や長すぎる翻訳も警告になります。
 
memoQの句読点に関する警告
 
翻訳グリッドで警告はこのように表示されます。
 

2- エラー

エラーメッセージはほとんどの場合ソースとターゲットセグメントで異なるタグが使われている場合に発生しますが、他が原因の場合もあります。自動品質保証の動作を詳細に制御することができます。また、警告ではなくエラーとして扱うように設定することもできます。  
 memoQでのエラー表示

翻訳グリッドでエラーはこのように表示されます。
 

memoQでどのように機能するか試したいですか?

今すぐ30日間無料トライアルをダウンロード!

memoQのQAの詳細

ヘルプファイルでmemoQのさまざまなトピックを読んで学ぶことができます。QAモジュールの詳細については、このページをお読みください。

言語的QAの詳細

ヘルプファイルでLQAの詳細を読む。 

関連トピック:用語ベースとは?

翻訳テクノロジーやCATツールが初めての方は、memoQで用語を管理する方法についても知りたいかもしれません。続くページでは、用語ベースの概要を説明します。

言語的品質保証 (LQA)

memoQは文書内のエラーを簡単に検出できますが、レビュー担当者は言語的品質保証 (LQA) モデルを使用すると、より有意義な翻訳品質のフィードバックが可能になります。memoQでは、自分のLQAモデルを設定することができます(LQAモデルはエラー報告時にレビュー担当者が記入するフォームのようなものです)。memoQはLISAなどの一般的な標準モデルを使用できます。

言語的品質保証モデルには、翻訳をレビューするための次のオプションがあります:
 
  • エラーが発生した場合の処理​を定義します:ペナルティポイントを使用するか、重大度(マイナー、メジャー、クリティカル)を指定するか、エラーに関するコメントが必要です。
  • あなたのフィードバックを分類する:レビュー用の独自のエラーカテゴリを定義するか、既存のモデルが提供するカテゴリを使用することができます。カテゴリには通常、翻訳精度、用語、言語、および一貫性が含まれます。
  • 翻訳の受け入れまたは拒否の基準を定義する(合格/不合格)。
 
memoQでのLQAエラー表示

memoQでLQAエラーはこのように強調表示されます
 



memoQの品質保証をマスターしましょう。こちらのビデオ(英語版)をご覧ください!

 

 

 
Linguistic Quality Assurance in memoQ ダウンロード

このガイドでは、SAE J2450やLISA QAモデルなど、LQAモデルを設定する方法と、ベンダーの翻訳品質を評価するためにLQAモデルを使用する方法について説明します(英語版)。