翻訳管理システム | TMS


翻訳管理システムを使用する利点

コンテンツの更新を定期的に実行しますか?ファイルや文書の管理に多大な時間をかけていますか?レポートや統計は重要ですか?コラボレーションワークフローを使用したいですか? 

手作業で処理する場合、複雑な翻訳ワークフローは時間がかかり、エラーの増加につながります。翻訳管理システムを使用すれば生産性を向上でき、さらに言語的資産を一元化、プロセスの自動化、ワークフローの監視することでコスト削減につながります。

1.資産の一元化

多言語のコンテンツを制作するとき、言語資産は正しく保存、管理、共有する必要があります。TMS を使用すれば、言語資産(翻訳メモリ、用語ベース、ライブ文書資料など)を単一システムで統合し管理できます。

 

2.プロセスの自動化

翻訳者やプロジェクト管理者は、毎日時間のかかる反復的な作業を行います。TMS を使用すれば、カスタマイズされたワークフローとタスクの自動化で貴重な時間を節約できます。

 

3.ワークフローの監視

プロジェクトの進捗管理は、プロジェクト管理者にとって非常に重要なリソースです。TMS は翻訳の進捗状況や納期遅れなどの重要な情報をメインダッシュボードで提供できます。
 

お問い合わせください!

TMS を使用する価値があるとお感じで、さらに詳細を知りたい場合は、ぜひお問い合わせください!

memoQ server

memoQ server は世界中の企業および翻訳会社で使用されている翻訳管理システムです。

    翻訳管理システムを使用するその他の利点

    翻訳管理システムの導入は各レベルにおいて多数の利点があります。
    • 他のシステムとの統
      翻訳管理システムは、ビジネス管理ソフトウェア、コンテンツ管理システム、機械翻訳エンジン、用語データベースなどのシステムとの統合が可能です。memoQ server のような翻訳管理システムはオープンソース API があり、それを使って他のシステムの機能を統合できるようになります。
    • 複数のクライアントやベンダーとの共同作業
      翻訳管理システムは複数のクライアントやベンダー、サブベンダーが関係する複雑なワークフローをサポートします。分野、また言語ごとのチームで分離することが可能です。
    • 品質保証
      品質管理は、翻訳プロセスに絶対不可欠です。TMS は自動化された言語的品質チェックがあり、通常 LISA、SAE J2450、TAUS DQFなどの品質モジュールに対応しています。