memoQ server とは?

翻訳アセットのレポジトリ、翻訳プロジェクトの管理センター、コラボレーションが必要な翻訳プロジェクトのハブとして機能する、本格的なエンタープライズ翻訳管理システム (TMS) です。世界中の企業や翻訳会社に愛されている翻訳管理システムです。企業のグローバル化に貢献するローカライゼーションプロセスと翻訳管理の自動化のために世界各地で日常的に使用されています。
 

memoQ server では何を管理できる?

  • 文書のローカライゼーション(モノリンガル文書およびバイリンガル文書)
  • ​ソフトウェアのローカライゼーション(モノリンガルリソースおよびマルチリンガルリソース)
  • ​オーディオビジュアルのローカライゼーション(字幕、ダビング、AVI、WMV、Flash、YouTube、Vimeo の素材)
  • ウェブのローカライゼーション(アジャイルワークフロー)
  • モバイルローカライゼーション
  • ​PDF ローカライゼーション(作業前および作業後編集を含む)
  • DTP データのローカライゼーション
  • DITA および XML
  • パッケージベースのワークフロー(その他のツールからのパッケージ)
  • サポートシステム、メール、オンラインヘルプ
  • 検索エンジンマーケティング
  • ソーシャルメディアおよびEラーニング
  • データベース
  • アンケート調査
  • コミュニティコンテンツ

導入は簡単

memoQ server は2通りの導入方法があります。
 
  • Kilgray のホスティングサービスをご利用いただく方法 
  • オンプレミスをご利用いただく方法
導入時には、システムのカスタマイズが必要な場合もあります。IT エクスパートがおられなくても、サポートチームが導入・立ち上げをお手伝いします。また技術的な質問についてもいつでもお気軽にお問い合わせください。

弊社KilgrayのホスティングによるmemoQ serverはお客様のデータや情報を保護するためのセキュリティ基準に従います。ホスティングに関するセキュリティ情報の詳細はこちらをご覧ください。
 

フレキシブルなライセンス

memoQ server には、翻訳者のためのライセンスもプールして必要に応じてライセンスを貸し出すこともできます。ライセンスは翻訳プロジェクトの作業期間中に委託業者に貸し出して、プロジェクト終了時に自動返却されるよう設定できます。翻訳者がすでに memoQ をお持ちの場合はライセンスを貸し出す必要はありません。モバイルライセンスの管理の仕組みについての詳細はこちらのガイドをご覧ください。
 

選べるユーザーインタフェース

memoQ server には、デスクトップ版とウェブ版があります。ウェブ版では、サーバー所有者も割り当てられた翻訳者もURLから簡単にアクセスができます。Linux や MacOS などのオペレーティングシステムで起動するウェブブラウザ上でも使用できます。
 
memoQ WebTrans
memoQ server のウェブ版についての詳細はこちらをクリック
 

注:管理者はデスクトップ版 memoQ を使用する必要があります。インストーラはこちらよりご利用いただけます。

企業のローカライゼーション管理

グローバルブランドを目指すためには、企業は新しい顧客や市場を開拓する必要があり、そのためにはローカライゼーションに投資する必要があります。コンテンツを現地の言語に翻訳し、ターゲットとする市場向けに編集する必要があるのです。
 
memoQ serverは多国語のローカライゼーションプロセスを完全に中央集中化。自動化が進んだ環境は企業をパワーアップします。

 

用語管理でブランドを強化

用語集管理は何に役立つの? 人に伝えたいブランドとメッセージの一貫性を維持することができるようになります。ひとつの言語で一貫しているだけでなく、伝えたいすべての言語での一貫性を保てます。核となる企業メッセージを統一することにより、その土地におけるブランド体験がより確かなものとなります。しっかりとした品質を保証するには、対象とする国の言語や文化を踏まえ、用語集も慎重にローカライズする必要があります。用語集の管理、保存、共有もしっかりと行う必要があります。 

memoQ serverでは、2つのレベルの用語管理が可能です: ひとつは、多機能を備えた用語ベースを通しての、シンプルなビルトインモジュール。もうひとつは、一元化されたアクセスポイントで、企業全体がひとつの用語集を使用できるようになる複雑なモジュール。用語集は内部・外部とのコミュニケーションを円滑にするための企業の資産です。これはQTermと呼ばれるものです。memoQ serverのアドオン機能です。

memoQ serverは用語の抽出にも対応しています。
 

すぐれたスケーラビリティ

ローカライゼーション管理とレポートシステムは企業にとって欠かせないビジネスニーズです。複数の場所に配置されたチームは拡大を続け、リリースされるコンテンツも膨大な数に膨れ上がっています。

memoQ serverは成長を続ける企業のためにスケーラビリティをサポート。ファイル管理や翻訳者やプロジェクトマネージャ間のメールでのコミュニケーションなどローカライゼーションで時間のかかる手動で行うプロセスを削減します。
 
企業でmemoQ serverを採用する利点についての詳細は こちらをご覧ください。



 

 

翻訳会社のローカライゼーション管理


プロジェクトの管理は翻訳会社の核となる業務です。従来、成功している翻訳会社はプロジェクト管理者個人の管理スキルに頼りがちとなっていました。memoQ server があれば、翻訳会社はプロジェクト管理者のスキルに頼りすぎることなく、プロジェクト管理経験が浅い人も翻訳プロジェクトを効率的に管理できます。
 

カスタマイズ可能な自動化ワークフロー

繰り返し発生するタスクの管理を自動化することで、プロジェクト管理者の時間を節約し、プロセスの質を向上することができます。プロジェクトの立ち上げ時と完了時にはかならず人の介入が必要となります。プロセスに手作業が入ることを最小限に抑えるのが、memoQ が目指すゴールです。

さまざまな自動化機能:
  • 自動化されたカスタマイズ可能なメール通知
  • プロジェクトの分割:プロジェクト管理者は割り当てる翻訳者に合わせてプロジェクトや文書を分割できます。
  • ダッシュボードでプロジェクト概要を一目でチェック
  • リソースの中央集中化:翻訳メモリ、用語ベース、ライブ文書資料、文書インポート用フィルタ構成、自動翻訳ルールなど、豊富な材料をひとつの場所で管理。


他のツールとの互換性



memoQ は、他の翻訳支援ツールとの互換性に優れており、多くの言語やファイル形式に対応できるため、memoQ のサーバーベース翻訳管理システムだけですべてのカバーできます。

memoQのSDL Trados Studio プラグインは、Trados Studio からmemoQ server の翻訳メモリにアクセスできるようになり優れた互換性を提供します。
 
SDL Trados Studio 用 memoQ プラグイン

 

翻訳会社の用語管理

memoQ サーバーのビルトイン用語集モジュールは、使用方法や設定がシンプルで用語管理のワークフローが複雑でない場合に適切です。

QTerm は Kilgray のプロフェッショナル用語管理システムで、memoQ server のアドオン機能です。QTerm はウェブブラウザを使用します。どんな規模の企業でもお使いいただけます。そして、memoQ server とシームレスに統合されます。
 
翻訳会社が memoQ server を導入するその他の利点についてはこちらをご覧ください。
 

すぐに生産性アップ:ライブ文書

ライブ文書は翻訳メモリに代わる機能であり、翻訳コンテンツを構造化し、整理してくれます。以前翻訳した材料を資料全体から再利用することができます。memoQ は他のツールよりもすばやくこの作業を行えます。ソース文書とターゲット文書を整合ペアとしてインポートすると、memoQ は各ソース文章に対応するターゲット文章を紐づけします。翻訳者は翻訳作業時にまるで翻訳メモリから翻訳結果を参照するのと同じような形でライブ文書からの翻訳を利用できます。

QA レポートで確かな品質を確保


ローカライゼーションでは QA ワークフローが欠かせません。間違いは誰にも起こりうるものですが、間違いを排除することで胸を張ってブランドを世界の表舞台に立たせることができます。しかし、どうすればローカライゼーションプロジェクトで品質を図れるでしょうか?memoQ server は様々な QA レポートを作成でき、プロジェクト管理者はそれを基に間違いを早期発見・排除できます。
 

自動化された品質管理

memoQ には高度な品質管理機能が備わっています。品質チェックには7つのカテゴリーがあります。セグメントと用語、一貫性、数字、句読点、綴り、文法、インラインタグ、文字の長さ。これらの品質チェック項目はすべてカスタマイズ可能で、翻訳文書だけでなく翻訳メモリもチェックできます。QA チェックはプロジェクトのどの段階でも実行できます。
 

言語的品質管理

翻訳品質を数字で表したい場合には、memoQ serverにお任せください。エラーカテゴリーを定義し、それに基づいてレビューアが翻訳を評価します。エラーの重大性などがポイントされ、翻訳者の質を採点できます。また誤訳などを翻訳者にフィードバックすることができます。LQA を使用すると、顧客やプロジェクト管理者に品質を数値で示すことができます。

memoQ server は LISA、SAE J2450、TAUS DQF などの品質モジュールに対応しています。
 

ディスカッションで品質問題について協議

memoQ の効果的なディスカッション管理機能で、翻訳者とレビュー担当者は、ソースまたはターゲットテキストの品質についての問題を提起することができます。翻訳インターフェースで問題について直接協議できます。ディスカッションは適切な人に割り当てられます。翻訳者は文脈について質問したり、ソースの入力ミスや曖昧さを指摘したり、意味を質問したりできます。また用語についてディスカッションを行うこともできます。質問やディスカッションはローカライゼーションチーム外のクライアントなどに対処してもらうこともできます。  

プロセスの自動化

memoQ server の理念は、ニーズに合わせた柔軟性と自動化を実現することです。memoQ のパワフルなプロジェクトテンプレートで、自分だけのワークフローを自由に設定できます。そして、プロジェクト作成時には使用したいテンプレートを指定するだけです。
 

アジャイルローカライゼーション:大変なファイル管理でもう悩まない

ファイル管理やメールに添付してファイルを送信したりする作業に、翻訳者はひとつのプロジェクトで平均15分は時間を取られているといいます。memoQ server でこれらの時間を省略できます。memoQ アドオンの Content Connector でフォルダをモニタリングし、フォルダにファイルが追加されたら自動的にプロジェクトに追加するように設定することも可能です。さらに、メールにファイルを添付して送付したり、受け取り側もメール添付のファイルを保存管理したりする手間もすべてなくなります。すべて自動で行われます。
 

プロジェクトの監視

作業が円滑に進んでいるのかを確認するのに、プロジェクト管理者はいちいち各翻訳者にコンタクトし、進捗確認をとる必要はありません。プロジェクトダッシュボードで進捗を確認できます。また、最新の翻訳用ファイルはどれか、翻訳メモリや他の参考資料がどこに保存されているのかを探したり確認したりする必要もありません。すべて自動で行われます。すべての操作とメールは自動的に記録されるため、常にプロジェクト上でいつ誰がどんな作業をしたのかを見ることができます。
 
 


プロセスの管理

memoQ server でプロジェクト管理者は、誰がどんな作業状態にあるのか、プロジェクトの同期ごとに把握できるようになっています。また直感的なインターフェースのおかげで、プロジェクトのアセットも簡単に管理できます。

memoQ のダッシュボードでプロジェクト管理者は、プロジェクトの進行状況を詳細にわたり把握できます。該当プロジェクトをすばやく見つけるための検索機能も備えています。
 

プロジェクトアラート

プロジェクト管理者の介入が必要な時にはプロジェクトアラートが通知してくれます。プロジェクト管理者は、進捗が遅れている場合、翻訳が開始されていない場合、納期遅れなどを一目で見ることができます。 

サンプルは弊社のサーバーのものです。このアラートがローカライゼーション管理者の毎日の意思決定にどのように役立つかご覧ください。


プロジェクトアラート
 memoQ のアラートを実際にご覧ください 
 

memoQ server とインテグレーション

memoQ server はさまざまなビジネス管理ツール、機械翻訳エンジン、外部の翻訳メモリデータベースなどとの統合が可能です。Web Service API を介して、外部アプリケーションもmemoQ server と機能を統合することができます。
 

ビジネス管理ツールとの統合

 
Plunet Business Manager              XTRF Managment systems
  
 

機械翻訳エンジンとの統合

memoQ server には独自の機械翻訳エンジンはありませんが、プラグインを通じて他の機械翻訳エンジンと接続することが可能です。具体的な統合例や機械翻訳・ポストエディットについてはこちらをご覧ください。memoQ server で使用できるツールの例: 

 
Asia Online Logo          CrossLang logo            Google Translate icon             Iconic translation machines logo 


 itranslate4.eu logo          KantanMT.com Logo          Tilde MT         Microsoft Bing logo   


AltLang      PangeaMT logo         Slate Desktop       Systran logo
   
 

Web Service API を介しての統合

Web Service API で、memoQ serverとプロプライエタリソフトウェアやプロジェクト管理システムなどを統合させることができます。API の詳細はすべて文書で確認できます。API に関する文書、API パッケージをダウンロードするには、また API の機能詳細を見るには、こちらをクリックします。 
 

Extension Point を介しての統合

Extension Point は memoQ serverの柔軟性をワンランク上に引き上げてくれます。現在では、機械翻訳、品質管理チェック、翻訳メモリでExtension Point をご利用いただけます。プレビューエクステンションフレームワークを通して、ウェブまたはソフトウェアローカライゼーションの特殊なニーズでよりコンテキストを提供できるようになります。さらに読む
 

Language Terminal との統合

Language Terminal と統合することにより、memoQ server でベンダー管理とコスト管理が可能となります。これは、特に高度なビジネス管理システムを必要としない企業に向いています。



 

カスタマーサポート

Kilgray のサポートは平日ノンストップで稼働しています。週末は午前10:00から午後6:00(中央ヨーロッパ時間)です。 いつでもお手伝いしますのでご連絡ください。

サポートが必要な場合には support@kilgray.comまでメールでお気軽にお問い合わせください。問題解決のスピードはお問い合わせ内容によっても変わります。ぜひこのページをお読みいただき、サポートにご連絡いただく前にできることをご確認ください。memoQ トライアル時でもお気軽にお問い合わせください。
 

プロフェッショナルサービス

プロフェッショナルサービス部門は、企業内テクノロジーに基づいたアプリケーションとの効率的な実装をサポートします。プロフェッショナルサービス部門は以下をお手伝いします:

 
  • 他の翻訳プロジェクト管理システムから memoQ への移行のお手伝い
  • 翻訳メモリおよび用語集の効率的なセットアップのお手伝い
  • ワークフローの自動化
  • プラグインのカスタム開発やソフトウェアのその他の改善についてのご相談も承ります
  • オンライン/オンサイトトレーニングまたはコンサルティング
 
memoQ server とは?

memoQ server とは?

memoQ server は、企業および翻訳会社向けの翻訳管理システムです。世界のどの国を拠点としていてもご利用いただけきます。

ローカライゼーション管理

ローカライゼーション管理

プロジェクト管理者のスキルに頼りすぎることなく、プロジェクトを納期どおりに納品し、接続性、コンテキスト、管理性を高めます。memoQ server を使えば、企業や翻訳会社はローカライゼーションを簡単に管理できるようになります。

品質管理

品質管理

文法的な間違い、誤訳、句読点のミス、訳文の不統一... これらはいずれもブランドイメージにネガティブなインパクトを与えます。memoQ server はパワフルで柔軟性の高い QA モジュールを備えています。翻訳の質を確かなものにし、翻訳者の質を測ります。

自動化と管理

自動化と管理

memoQ server は自動化されたローカライゼーションワークフローを実現し、作業をトラッキングしてプロジェクト管理者を助けます。メインのダッシュボードから翻訳者の作業進捗の確認や、納期のチェックも可能です。

memoQ server とインテグレーション

memoQ server とインテグレーション

memoQ serverはさまざまなビジネス管理ツール、機械翻訳エンジン、外部の翻訳メモリデータベースなどとの統合が可能です。WebサービスAPIを介して、外部アプリケーションもmemoQ serverと機能を統合することができます。

カスタマーサポート

カスタマーサポート

Kilgray のサポートは平日ノンストップで稼働しています。週末は午前10:00から午後6:00(中央ヨーロッパ時間)です。 いつでもお手伝いしますのでご連絡ください。