翻訳メモリ


翻訳テクノロジーの中核である翻訳メモリは翻訳者による翻訳の品質を向上させながら、ローカリゼーションプロセスをスピードアップします。機械翻訳とは異なり、翻訳メモリは人間による翻訳を再利用し、プロジェクト内で繰り返し発生するテキストを容易に処理できるエンジンです。

どのように働くか?

翻訳メモリは、同一または類似した文章の翻訳を提案するご使用になるCAT ツールのバック グラウンドで動作します。翻訳メモリ内の流用可能な翻訳と翻訳対象との類似性はパーセンテージ(100%:完全一致)で表示され、差分は色でハイライト表示されます。 
 


翻訳メモリを最大活用できるのはどんな場合?

翻訳メモリは、繰り返し表現が多い大ボリュームのテキストを翻訳するときに活用できます。ウェブサイト、臨床プロトコル、ゲーム、契約書、製品マニュアルなどは繰り返し発生するフレーズがあり、翻訳総ボリュームの中の大きな割合を占めることがあります。TMは翻訳文書内の各センテンスにマッチする翻訳を提案し、数字、タグ、書式、句読点またはスペースなどの変更の必要も表示されます。

 
翻訳メモリ- memoQ

memoQではTMからの提案は赤色で表示されます。
 
 


多様なファイル形式をサポート

翻訳メモリはコンテンツの生成に通常使用するプログラムの多様なファイル形式を処理できます。memoQのTMは、Microsoft Office、HTML、XML、Adobe InDesign、Adobe FrameMaker、XLIFFその他多数のフォーマットで動作します。サポートするファイル形式のリストはこちら(英語)を参照してください。
 

memoQで翻訳メモリを試しませんか?

今すぐ30日間無料トライアルをダウンロード!

TMの管理方法を学ぶ

memoQ translator proのライセンスをすでにお持ちの場合、翻訳メモリを最大限活用する方法をヘルプセクションよりご参照ください。 

関連トピック:用語集の管理および活用

用語集を管理するには、用語ベース (TB) を翻訳メモリと併せて使用します。


memoQでの用語集用のしくみをご確認ください