Protemos

memoQエコシステム

memoQエコシステムでワークフローを見直しましょう。すべてのインテグレーション、拡張機能、API、SDKがすぐに利用できます。是非ご確認ください!

Protemosとは?

Protemosは、生産性を高めるために設計された、翻訳会社向けの業務管理システムです。 使いやすく、セットアップも簡単で、特別なトレーニングは 必要ありません 。   10年も経たないうちにProtemosが小さなスタートアップ企業から、何千社もの企業やフリーランス翻訳者から信頼されるパートナーになったのも不思議ではありません。  Protemosでは、クライアントとベンダーのデータベース、請求書の発行などの財務にまつわる詳細、ファイルの保存と転送、オンラインCATツール、ジョブの割り当て、納期と納品の管理など、多くの機能が統合されます。 

memoQとの連携

ProtemosとmemoQのインテグレーションを伝えるニュースは、両方のツールのユーザーから熱狂的に歓迎されるでしょう。  多くのユーザーが待ち望んでいたものが、 遂に登場したのです。    このインテグレーションによって、2つのシステム間でプロジェクトをスムーズかつ簡単に転送できるようになったので、手作業のコピー&ペーストに費やしていた時間を節約できます。 また、ProtemosプロジェクトをワンクリックでmemoQに再現できます。言語ペアや納期、クライアント情報、ファイルなどの情報が失われず、すべて共有されます。 その逆も然りで、関連するすべての情報を変更せずに、memoQプロジェクトをProtemosに取り込むことができます。  しかし、これだけではありません。     例えば、Protemosでプロジェクトを作成し、memoQで別のプロジェクトを作成した場合、  これらのプロジェクトはワンクリックでリンクさせることができ、もう一度クリックすればリンクを解除できます。 この操作は実にシンプルです。 

このサービスをmemoQで利用するには

ProtemosとmemoQのインテグレーションの最も魅力的な点は、そのシンプルさです。    ほんの数分で始められるので、特別な知識やトレーニングは必要ありません。     それがいかにシンプルか、スクリーンショットでご覧ください。 

1.まず、Protemosで [Settings(設定)] ⇾  [Integrations(インテグレーション)] ⇾  [memoQ] の順に選択します。

Protemos Integration with memoQ

2.次に、最初のリンクをクリックしてmemoQ server名をコピーします。

Protemos Integration with memoQ

3.必要に応じてmemoQにログインし、サーバー名をコピーしてmemoQ serverのドメインを覚えておきます。

Protemos Integration with memoQ

4.[Enable(有効)] ボタンをクリックします。

Protemos Integration with memoQ

5.ドロップダウンリストからmemoQ serverのドメインを選択し、コピーしたmemoQ server名と、memoQカスタマーサポートから送られてきたmemoQ APIキーを入力します(WebサービスAPIが必要です)。その後、[Update(更新)] ボタンをクリックします。

Protemos Integration with memoQ

6.これで終わりです。memoQのインテグレーションページは次のようになります。

Protemos Integration with memoQ

これで準備完了です。   いかがでしたか? 予想以上に簡単だったのではないでしょうか。 

memoQがワークフローの確立をお手伝いします

.