XTRF

memoQエコシステム

memoQエコシステムでワークフローを見直しましょう。すべてのインテグレーション、拡張機能、API、SDKがすぐに利用できます。是非ご確認ください!

XTRFとのインテグレーション

XTRFは、翻訳作業を管理するためのウェブベースのプラットフォームです。 memoQ serverとのインテグレーションは広範囲かつ強力で、完全自動化されたプロジェクト作成や自動ファイル分析、プロジェクト管理を利用できます。 2004年に設立されたXTRFは、翻訳市場で最も有名な管理システムの一つとなっています。 画期的なクラウドベースのシステムが特徴のXTRFは、ユーザーフレンドリーな方法で管理システムを操作できるので、所要時間が短縮され、反復する手作業が減り、ユーザーのコスト削減につながります。

メリット:

このインテグレーションにより、memoQとXTRFでシームレスに作業を進めることができます。

ベンダーの選定と割り当て

ベンダーの割り当てはXTRFを介して行えるので、担当ベンダーにmemoQの文書が割り当てられます。 ベンダーがXTRFで変更を行うと場合、その変更はすぐにmemoQに反映されます。

見積もり作成

memoQ/XTRFプロジェクトでは、まずXTRFで見積もりを作成します。 memoQ serverがプロジェクトファイルを解析し、XTRFに解析結果を送信してから、見積もりを作成します。 見積もりと同時にmemoQプロジェクトを作成するかどうかは、XTRFで選択できます。

 

プロジェクト開始

 

XTRFを選択することで、見積もりに基づいてmemoQプロジェクトを開始できます。 memoQプロジェクトの作成を開始する前に、ファイルとリソースをXTRFプロジェクトに追加する必要があります。

 

納品

納品前にmemoQの翻訳メモリが更新され、翻訳されたファイルがmemoQからXTRFにエクスポートされます。 これで準備完了です!

 

memoQとXTRFのインテグレーションについて詳しくは、こちらの動画をクリックしてご覧ください。

memoQがワークフローの確立をお手伝いします

.