Plunet BusinessManager

memoQエコシステム

memoQエコシステムでワークフローを見直しましょう。すべてのインテグレーション、拡張機能、API、SDKがすぐに利用できます。是非ご確認ください!

Plunet BusinessManagerとのシステム連携

Plunet BusinessManagerは、memoQ serverやmemoQ cloudと接続可能な、翻訳プロジェクトを管理するためのウェブベースのプラットフォームです。 インターフェースはmemoQManagerと呼ばれ、ファイルベースで連携する標準バージョンと直接システムを連携(ダイナミック連携)する進化バージョンがあります。 memoQとPlunetのダイナミック連携では、Plunet上で作成した翻訳プロジェクトがそのままmemoQに取り込まれます。 memoQManagerのダイナミックを運用する中で、新しいバージョンへのアップグレードを希望する場合は、Plunetのサポートチームに新しいバージョンが既に利用可能かどうか、必ず事前に確認してください。

memoQManager | 標準バージョン

memoQManagerでは、プロジェクトの価格と経費を計算できます。  memoQManagerの標準機能は次のとおりです。

見積またはオーダーエリアでCSVファイルをアップロードする。

memoQの分析結果に基づいて翻訳、校正、品質チェック、DTP、エンジニアリングなどの価格単位を割り当てる。

翻訳サービスや、校正、DTPプログラムとの連携、品質チェックなどのサービスを自動計算する。

予測される目標時間に全価格単位を割り当てる。

複雑な見積もりや注文でも、ワンクリックで価格の計算や納期の予測を行う( WorkflowResourceManagerモジュールが必要です)。

翻訳者、校正者、品質チェッカー、DTPスペシャリストの作業費用をボタン一つで自動計算する。

memoQManager | 進化バージョン

memoQManagerの進化バージョンでは、上記の「標準」機能に加えて、次の機能も利用できます。

Plunet BusinessManagerでプロジェクトを設定するオプション。プロジェクトはmemoQ server上のバックグラウンドで同時に作成されます。

 文書の分析や価格の自動計算、BusinessManagerとmemoQ server間でのデータ同期によるプロジェクトの自動更新、バイリンガルファイル(XLIFF、MBD、2カラムRTF)の作成、各種インポートおよびエクスポート機能などのオプション。

memoQ server上で利用できる翻訳メモリや用語集データベースへアクセスする。

ユーザー情報やログインデータなどのプロジェクト情報をPlunet BusinessManagerからmemoQ serverに転送する。

2つのシステムの相互連携によってプロジェクト管理がシンプルになり、自動化されます。 これによってプロジェクトマネージャーは、両方のシステムにおいてプロジェクト管理する必要がなくなります。 重複する作業を簡素化することで費用と時間を節約することができ、プロセス全体が効率化されます。

Plunet BusinessManagerとmemoQのシステム連携によるメリット

重要な作業に集中できる時間が増える

ミスが減る

プロジェクト管理にかける費用が減る

投資収益率が改善される 

生産性が向上する

品質が向上する

memoQがワークフローの確立をお手伝いします

.