Content Connector

memoQエコシステム

memoQエコシステムでワークフローを見直しましょう。すべてのインテグレーション、拡張機能、API、SDKがすぐに利用できます。是非ご確認ください!

Content Connector

多くの企業が複数の言語でコンテンツを公開していますが、そのコンテンツが変更された場合には、対応する翻訳もすぐに更新する必要があります。 アジャイルローカライゼーションやウェブサイトローカライゼーションは、そのようなコンテンツの例に過ぎません。 何をどの言語に翻訳する必要があるのかを決定するルールがあり、ファイルタイプも事前に定義されています。 このようなコンテンツは、ファイルシステムに保存されたり、ウェブコンテンツ管理システムや文書管理システム、バージョン管理システムなどに埋め込まれていたりすることが珍しくありません。 その点において、Content Connectorはコンテンツのピックアップとルーティングを自動化するので、プロジェクト管理の必要性がなくなり、シームレスなプロセスが実現します。

仕組み

例えば、あなたの翻訳会社で、お客様がプロジェクト文書の転送にFTPサイトを利用しているとします。 そのような場合、FTPサイトにContent Connectorをインストールすれば、Content ConnectorがFTPフォルダを監視し、変更されたコンテンツが見つかると、事前に定義されたルールに従って別のmemoQオンラインプロジェクトにインポートしてくれます。  このプロジェクトでは、実行すべき一連の正しいステップを選択することができ、文書は自動的に適切な翻訳者とレビュー担当者に割り当てられます。これはFirstAcceptに則って行われるので、グループの中で最初に手を挙げた人がその翻訳ジョブを担当することになります。 その後、お客様が一部の文書を更新し、FTPサイトに新しい文書を追加したとします。 すると、Content Connectorは、新しいファイルが追加され、一部が変更されたことを確認します。 そして、更新されたファイルは新しいバージョンとしてプロジェクトに追加され、新しい文書は新しいファイルとして追加されます。 翻訳者とレビュー担当者、プロジェクト管理者の全員に新規ジョブの割り当てがEメールで送信され、翻訳対象の単語数が記載されたEメールがお客様にも送信されます。 その後、最終的なファイルがFTPフォルダの指定した場所に納品されます。  メリット:

変更されたコンテンツや新しいコンテンツを翻訳用に自動でインポート

文書を自動で準備・分析

要件に基づいてユーザーを自動で割り当て

ファイル納品の自動化

プロジェクトの期限の短縮化、プロジェクト管理の経費削減

memoQがワークフローの確立をお手伝いします

.