memoQ 11.0が登場!

新バージョンでは、インカントリーレビューツールに大幅な変更が追加されたほか、マークダウンファイルを頻繁に扱うユーザー向けに新フィルタも搭載されました。また、ユーザーの皆様のアイデアや提案に基づき、数多くの新機能が追加されました。スペルチェック、LQAレポート、MTなどのアップデートの全容と新バージョンのダウンロードについては、以下をご確認ください!

インカントリーレビューツールのアップデート

memoQ 11.0ではインカントリーレビューツールに抜本的な変更が多く行われました。

従来のインカントリーレビューツールでは、ワークフローや割り当ての種類によって、プロジェクト管理者はICRユーザーを追加できない場合がありました。この問題を解決するため、memoQ 11.0ではインカントリーレビューツールに対していくつかの抜本的な変更が行われました。

  • これにより、ICRユーザーを割り当てる際、レビュー担当者1とレビュー担当者2のどちらか一方ではなく、両方の役割を割り当てることができるようになりました。
  • また、高度な割り当て (FirstAccept、GroupSourcing、文書の分配、自動割り当てなど) を使用して、ICRユーザーを割り当てることもできます。
  • 新バージョンでは、ICR構成は、割り当て専用ではなく、memoQweb / リソースのICR構成ページで管理する仕様になりました。
  • プロジェクト管理者は、ICRユーザーの割り当て時にすべての設定を行うのではなく、サーバー上で利用可能なICR構成の中から設定を選択できるようになったため、業務をスピードアップできます。
  • ICR構成の管理自体はmemoQweb側で行いますが、デスクトップクライアントでもICR構成を使用できるようになったため、デスクトップクライアントのみを使用されているお客様にも、一貫したプロジェクト管理ワークフローをご利用いただけるようになりました。
  • プロジェクト管理者は、同じICRユーザーに対して一度に複数の文書を割り当てることができるだけでなく、ICRユーザーの役割に応じて最適のICR構成を選択できるようになりました。
  • プロジェクト管理者は、複数の文書の割り当て時にも、ICR構成(レビュー担当者1、レビュー担当者2、または、その両方)を一度に変更できます。
  • 新しいICR構成は、再利用しやすいように、従来のようなプロジェクト固有のリソース(例:特定のTB)ではなく、メタデータ(例:ランク1のTBのみ)を含める仕様になりました。
  • 従来のICR構成も、memoQ TMSのアップデート時に自動的に新バージョンに移行され、ICR構成のところに固有の名前で一覧表示されるため、memoQ 11.0でも各割り当て時に引き続き使用できます。
  • ICR構成は、自動化に対応するためにプロジェクトテンプレートに含まれます。
  • WS APIの呼び出しにもICR構成が含まれるため、BMSシステムとの連携も可能です。
続きを読む
MT improvements

TAUSカスタムモデルの利用

memoQではTAUSでトレーニングされたカスタムモデルを使用してAIQEの精度を向上できます。

TAUSでは、AIQE(人工知能ベースの品質評価)用に汎用モデルとカスタムモデルの両方を提供しています。新しいmemoQでは、TAUSでトレーニングされたカスタムモデルを利用できるようになりました。カスタムモデルを使用することで、AIQEの精度を向上できます。

続きを読む

マークダウンフィルタ

memoQにマークダウンファイル形式のコア機能に対応した新しいマークダウンフィルタが搭載されました。

マークダウンは、プレーンテキストの書式設定構文を持つ簡易的なマークアップ言語です。読み書きしやすいように設計されており、Webページ用のHTMLにも変換できます。マークダウンは、文書のページだけでなく、ブログ作成やコラボレーションソフトウェアでも幅広く使用されています。

memoQ 11.0では、マークダウンファイル形式のコア機能に対応した新しいマークダウンフィルタが搭載され、今後のmemoQのアップデートでもさらに多くの機能が追加される予定です。

続きを読む

Hunspellのアップデート

memoQ TMSでHunspellのスペルチェック機能がアップデートされました。

Hunspellのスペルチェッカーと内蔵辞書はアップデートが必要でした。このため、Hunspellは1.3.2から1.7.2にアップデートされ、memoQ TMSにおける今後のHunspellのアップデートを自動化しました。

さらに読む

翻訳文書で役割ごとに進捗情報を表示

デスクトップクライアントでプロジェクトと文書の両方で役割ごとの進捗情報が表示されるようになりました。

今までは、デスクトップクライアントの翻訳エディタのステータスバーには、プロジェクトと文書における確定済みのパーセンテージ (%) のみが表示されていました。例えば、TRが100%確定済みステータスの文書は、R1ステータスのユーザーの画面には100%と表示されていました。

新バージョンでは、この問題が解決され、役割ごとの進捗情報が表示されるようになり、パーセンテージ (%) だけでなく、ユーザーが選択した単位(セグメント数、単語数、文字数)に基づいた実際の数字(例:20/200 (10%))が表示されるようになりました。また、新しいmemoQでは、文書全体の行の総数とロックされた行の総数を一覧表示できるようになり、作業中の文書に対する実際の進捗をユーザーの役割ごとに明確に把握できるようになりました。画面には文書とプロジェクトの両方の進捗が表示されます。

続きを読む

その他の機能と改善点

今回のアップデートでは、お客様からのフィードバックやリクエストにお応えして、いくつかの小さな機能の追加や改善が行われました。

memoQデスクトップアプリのインストーラに中国語と中国語(台湾)のUIが追加されました。

これにより、memoQデスクトップアプリのインストール時に中国語または中国語(台湾)を選択できるようになりました。

API経由でLQAレポートを利用

LQAレポート(統計とエラーリスト)をAPI経由で利用できるようになりました。

プロジェクトと文書の進捗表記を統一

デスクトップクライアントとmemoQwebの両方で、プロジェクトと文書の進捗を明確に把握できるようにUXを改善しました。役割ごとの進捗は、各進捗バーにカーソルを合わせなくても、すぐに確認できます。

前翻訳の「フラグメントの結合」はデフォルトでオフに

今後、前翻訳時のフラグメントの結合オプションは、memoQwebとデスクトップクライアントの両方で既定でオフになります。

TexTra MTプラグインのアップデート

memoQで最新のTexTra MTプラグインを利用できるようになりました。

続きを読む

古いバージョンのmemoQをご使用中ですか?

ご使用になれていない新機能がござます!

Select the memoQ version you are currently using

Change logs

11.0.13
6月 18, 2024
Improvements

Bugfixes
Improvements
BUG-13522: The UI language selector in memoQ and memoQweb now shows each language in that language

Bugfixes
BUG-12616: WebTrans: "This is a duplicate (repeated) error” checkbox is missing from the LQA error dialog
BUG-13151: WS API: Document import might fail with SQL transaction error message
BUG-13231: OIDC SSO: Could not sign in to memoQ TMS with the OKTA Org ID Provider
BUG-13451: In-country review: Renamed Settings to Options in the ICR tool
BUG-13480: DeepL MT plugin: After MT pre-translation, spaces might be missing before or after tags
BUG-13507: Microsoft Word (DOC, DOCX) filter: Cannot export DOCX files that have memoQ comments on segments from SmartArt texts
BUG-13508: TM+ / TM Editor: The 'Only whole words' setting on the Advanced find and replace dialog might not work correctly
BUG-13548: Statistics might not finish on a document slice in an online project
BUG-13663: TM+ / TM Editor: Advanced find and replace might incorrectly highlight the expression that would be replaced
BUG-13712: XML filter: memoQ may be unable to create preview if there is an XSLT and a DTD file specified for visualizing data
BUG-13732: Statistics might show incorrect counts on a document slice in an online project
Improvements
BUG-13522: The UI language selector in memoQ and memoQweb now shows each language in that language

Bugfixes
BUG-12616: WebTrans: "This is a duplicate (repeated) error” checkbox is missing from the LQA error dialog
BUG-13151: WS API: Document import might fail with SQL transaction error message
BUG-13231: OIDC SSO: Could not sign in to memoQ TMS with the OKTA Org ID Provider
BUG-13451: In-country review: Renamed Settings to Options in the ICR tool
BUG-13480: DeepL MT plugin: After MT pre-translation, spaces might be missing before or after tags
BUG-13507: Microsoft Word (DOC, DOCX) filter: Cannot export DOCX files that have memoQ comments on segments from SmartArt texts
BUG-13508: TM+ / TM Editor: The 'Only whole words' setting on the Advanced find and replace dialog might not work correctly
BUG-13548: Statistics might not finish on a document slice in an online project
BUG-13663: TM+ / TM Editor: Advanced find and replace might incorrectly highlight the expression that would be replaced
BUG-13712: XML filter: memoQ may be unable to create preview if there is an XSLT and a DTD file specified for visualizing data
BUG-13732: Statistics might show incorrect counts on a document slice in an online project

Initial 11.0 release was 11.0.13